組込みプログラマとは?

 

 

組込みプログラマは、日本の産業を支えていると言っても過言ではない重要な仕事であり、今後もますます必要となる職種ですが、現場では組込みプログラマが全然足りていません。

この組込みプログラマというのはどんな仕事でしょうか?

 

まず、質問です。

私たちは、目に見えないコンピュータに囲まれているのを知っていますか?

 

 

 

例えば、炊飯器。

 

 

普段使っていても、なかなか気づかないと思いますが、実は、この中には小さなコンピュータ、通称マイコンが入っています。

 

炊飯器は、スイッチを押すだけで、簡単においしいご飯が炊けますが、これはマイコンが釜の温度や温める時間を適切に管理しているからなのです。

 

何のスイッチが押されたか認識したり、ご飯が炊けるまでの残り時間を表示しているのもマイコンです。

 

 

マイコンは、エアコンにも入っています。

 

 

部屋で快適な室温で過ごせるのは、マイコンが休むことなく、現在の部屋の温度を取得して、目標の温度になるように、風の温度や風量、風向きといったものを調整しているからです。

 

 

驚くべきことに、自動車には1台当たり100個以上のマイコンが入っていると言われています。

 

 

ハンドルが軽い力で回せるのも、事故の時にシートベルトが締まったり、エアバッグが出るのも、マイコンが制御しているからです。エンジンの制御もマイコンが担当しているので、現代の車は、マイコンなしには少しも動かすことができません。

 

挙げればきりがないですが、電気ポットや洗濯機といった家電製品から、工場で動いているロボット、ロケットといった非常に大きなものまで、表面上見えないため私たちは意識していませんが、マイコンが入っているのです。

 

そのマイコンにプログラムを書き込まなくては、これらの製品は動きません。

 

このプログラムを作っているのが、組込みプログラマです。

 

プログラミングというとスマホのゲームとか、ホームページとか、LINEのようなアプリケーションを作ることを想像するかもしれません。これらのものは、PCやスマホの中で完結し、情報収集や人々のつながり、仕事の効率化など様々な面で、世の中に貢献しています。

 

しかし、組込みプログラミングは、そういったものとは違い、もっと直接的に世の中を豊かにしています。

画面の中ではなく、現実世界で動いて、人々の生活を便利で快適なものにしているわけです。

 

あなたが今いる部屋を見回すと、必ずマイコンが入った機器にお世話になっているはずです。

 

つまり、世界の便利は、組込みプログラマによって作られています。

 

今、組込みプログラミングを身に付ける理由

もしも、あなたが現在、以下のいずれかに当てはまるなら、組込みプログラミングを身に付けることをお勧めします。

 

・現在、これといった専門スキルがなく、手に職を付けたい

・プログラミング以外の専門スキルはあるが、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指したい

・希少価値の高いエンジニアになりたい

 

以下で、理由を説明します。

 

現在、これといった専門スキルがなく、手に職を付けたい

組込みプログラマは、常に不足しています。

 

 

出典:IPA「2019 年度組込み/IoT に関する動向調査」

 

「組込み/IoT に関する動向調査」(出典:IPA「2019 年度組込み/IoT に関する動向調査」)によると、アンケートに回答した企業の80%近くが、組込み/IoTシステム技術者の人数が不足していると回答しています。

 

しかも、家電製品だけを考えても、毎年新製品が出てきています。これらの商品がこの先無くなることなど考えられませんし、これからも新商品がますます増えていくでしょう。つまり、組込みプログラマの仕事が無くなることはないと言えます。

 

現在引く手あまたで、今後もますます必要とされる仕事であることから、手に職を付けたい方にお勧めです。

 

プログラミング以外の専門スキルはあるが、さらなるスキルアップやキャリアアップを目指したい

 

自身の専門スキルを持っているが、部分的にではなく、製品のシステム全体を把握したい方、または、キャリアアップに限界を感じている方は、別の専門スキルを身に付けるときではないでしょうか。

 

専門スキルの掛け合わせは、エンジニアとしての価値を上げます。

 

その掛け合わせる専門スキルとして、組込みプログラミングをお勧めします。

 

現在の多くの製品は、マイコンを搭載しており、プログラムなしでは動きません。つまり、組込みプログラムなしで、便利な機能や多彩な制御を実現できません。また、誰かが製品を真似しようとして分解したときに、機構や回路は比較的真似しやすいですが、プログラムはマイコンの中に入っており、真似することが困難です。

 

以上のことから分かるように、これからの製品の付加価値はソフトウェア(プログラム)です。

 

これは、エンジニアの共通認識だと思います。このように今や製品の価値の源泉となっている組込みプログラミングを学ぶことは、これから活躍するエンジニアに必須です。

 

希少価値の高いエンジニアになりたい

 

世の中に出回っている数えきれないほど多くの製品に組込みプログラマが関わっているのに、この職業は、なぜか認知度が低いです。今までは、あまりソフトウェアの価値が認知されていなかったからでしょう。

 

それだけでなく、用いているプログラミング言語の難しさや、プログラミングができるだけでなく、回路の知識も必要なことから、組込みプログラマになるハードルが高い。

 

認知度の低さと難易度の高さから組込みプログラマになる人が少ないのです。

 

これは、実は、チャンスです。

 

なぜなら、このハードルを越えて、組込みプログラマになれば、希少価値の高いエンジニアになれるからです。需要があるのに、人数が少ない、ということは、希少価値が高いわけです。自身の専門スキルに組込みプログラミングを掛け合わせた方も同様に希少価値が高いと言えます。

 

現在、ソフトウェアの価値が理解され始めていることから、ゆくゆくは、認知度が上がっていくと思いますので、今学んで、先を越しましょう。

 

組込みプログラマ最速養成講座™とは?

「3ヶ月で、組込みプログラミングを習得し、6ヶ月で、組込みプログラマに必要なすべての基礎知識・能力を身に付ける」という明確なビジョンを掲げた講座です。

 

知識0の状態から、最短ルートで、組込みプログラマに必要な

 

1.プログラミング

2.回路

3.課題解決能力

4.目標達成マネジメント

 

という4つの分野を短期間でマスターします。

 

無料オンライン個別相談では、「組込みプログラマ最速養成講座™️」の全ステップを詳しく説明しています。

 

こんな悩みを抱えていませんか?

組込みプログラマになりたいが、何をどう勉強すればいいのか分からない

エンジニアとしてプログラミング以外の専門領域があるが、これからの時代はプログラミングが分からないと厳しい

プログラミングの勉強をしても途中で分からなくなり、挫折してしまう

 

 

この講座は、「プログラミング経験0、回路の知識0から最速で組込みプログラマになる方法」をまとめたものです。

 

まさに、このような悩みを抱えた方々のために作りました。

 

 

経験豊かな組込みプログラマがパートナーとなり、組込みプログラマに必要なスキルを身に付けるまで徹底サポートいたします。

 

 

組込みプログラマ最速養成講座™が選ばれる3つの理由

理由1. ソフトもハードも場所を選ばず学べる講座は他にない!

 

組込みプログラマには、最低限必要な知識が2つあります。

 

それは、「プログラミング(ソフト)」と「回路(ハード)」の知識です。

 

組込みプログラマは、プログラミングだけできればいいと思っている方が多いと思いますが、組込みプログラミングは、パソコンのアプリケーションとは違い、常に回路が深く関わってきます。

 

つまり、回路の知識は必須なのです。

 

これら2つの知識を同時に学ぶことができる講座やスクールはありません。

 

 

さらに、組込みプログラミングの学習には、電子回路基板が必要となるため、通常は、その電子回路基板が用意されている場所まで、出向く必要があり、自宅で完結しません。

 

しかし本講座は、オンライン環境があればどこででも学習可能な仕組みを導入しています。

 

つまり、「ソフトもハードも場所を選ばず学べる講座」ということです。

 

 

理由2. 細分化されたカリキュラムで迷わず結果が出せる!

 

知識ゼロのスタートから組込みプログラマになるというゴールまでの道のりを全12ステップに分け、さらにそれぞれのステップを複数のパートに分けています。

 

細分化されているため、勉強時間の配分もやりやすくなっていますし、ゴールに向けて着実に1歩1歩前進することができる仕組みになっています。

 

日々、細分化されたスモールゴールをクリアしていくと、いつのまにかゴールにたどり着きことができます。

 

 

理由3. 充実のサポートで挫折しない!

私たちは、ほとんどの人が自分の意思だけでは「学習継続できない」ことを知っています。

 

専門書を読んだり、講座を受けたりしても、自分だけでは壁にぶつかり、挫折した経験はありませんか?

 

組込みプログラマ最速養成講座™ではコンサルタントが学習進捗を確認し、あなたが各ステップの知識・スキルをしっかり身に付けられるまでサポートします。

 

そのために「①知識→②応用→③実践→④フィードバック」という仕組みを用意しており、自分の中で理解を深め、実践をして、組込みプログラマに必要なスキルを習得することを全力でお手伝いします。

 

 

お客様の声

「プログラムが作れるようになっただけでなく、その考え方を応用して業務効率を上げられるようになってきています。」

 

モータ設計者  小島 直希さん

 

モータ開発の仕事の中で、機械的な面だけでなくソフトウェアに関する理解を深めたいと思っていました。
また、現在は義務教育でもプログラムを教える時代であり、将来子供に教えられるようになって、子供が大きくなった時に一緒に楽しめたらいいなと思っていました。

 

講座を受けて、C言語を使ってプログラムが作れるようになったのはもちろんなのですが、他のものにも応用が利く考え方が身に付きました。例えば、EXELの関数やマクロでも同じような考え方が使えますし、MATLAB等にも入りやすくなったと感じています。講座で学んだ考え方を応用することで、業務効率を上げられるようになってきています。

 

講師が話しやすい雰囲気の方で、本当に初歩的な質問にもきちんと回答してくれるので、気軽に相談できます。テキストで分からなくても、補足の動画があり、さらにそこでわからないことも、個別コンサルで聞けば回答をもらえるので、挫折せずに進められています。

 

「今まで避けてきたプログラミングに向き合えるようになりました。」

 

回路設計者  阿久津さん

 

回路設計を主業務としていますが、今後ソフトウェアの知識も必要になるため、勉強をするために受講しました。
将来的にはハードウェアをとソフトウェア両方がわかる技術者となり、両セクションの間を取り持ちたいと思っています。

 

今までは、プログラミングを避けてきましたが、受講を始めてから、C言語やその他のプログラミング言語で書かれたプログラムを見た際、何が書いてあるのか内容を確認しようと思うようになり、気持ちにも変化が出始めています。

 

「自分がゼロから作ったプログラムで何かを動かすことができるようになりたいと思い受講。きちんと理解できるようになり、コードを書くハードルが低くなってきています。」

 

研究職  Nさん

 

仕事で組込みプログラミングが必要になり、人生で初めてプログラムを書きましたが、既存のプログラムの流用や、一部の機能修正だけで、自分の技術として身についていないと感じていました。C言語だけでなく、マイコンへの実装も学べるこの講座を受けて、自分がゼロから作ったプログラムで何かを動かすことができるようになりたいと思いました。 

 

問題を解いたり、個別コンサルで理解を確認していく中で、わかっていなかったことが明確になり、きちんと理解できるようになりました。そのため、コードを書くことのハードルが低くなってきています。 
個別コンサルでは、ちょっとした疑問でも、丁寧に理解できるまで説明してもらえるため、質問しやすく、助かっています。

 

「基礎的な内容のところは大丈夫だろうと思っていましたが結構知らない内容もあり、一から学び直すことができました。」

 

ソフトウェア開発  吉田さん

 

C言語の基礎をしっかりと固め、業務で使える組込みプログラミングの知識を身に付け、Cの機能を使いこなせるようになりたかったため、この講座を受講しました。
大学の授業でC言語の基本は学んでおり、簡単なプログラムであれば読み書きできる状態でしたがポインタや構造体などC言語の肝とも言える機能についていまいち理解できていませんでした。

 

C言語をここまでしっかり勉強したのは初めてで、基礎的な内容のところは大丈夫だろうと思っていましたが結構知らない内容もあり、一から学び直すことができました。

 

今は、業務で別の言語を使用していますが、この講座で勉強している知識が非常に役立つことがあります。Cの基本が抑えられていれば他の言語の理解もスムーズにできると感じました。

 

現在、まだ講座でC言語を学んでいる途中ですが、苦手意識のあったポインタについてもかなり理解が深まりました。

 

「学んだことを、きちんと腹に落とし込めている感じがあります。」

 

モータ設計者  Kさん

 

モータ磁気回路設計を中心に約五年間業務を行ってきましたが、今後モータ開発のスペシャリストを目指すためには、モータ制御に使われている、プログラムの知識も必要と感じていました。

そして、近年プログラミング技術が社会でさらに注目されており、自身のスキルアップの為にもこの講座を受講しました。

 

講座を受ける前も別のプログラミング言語を使用したことがありますが、ただの計算ツールという印象しかありませんでした。

受講を開始してまだ1ヶ月程度ですが、各要素のイメージを学びきちんと腹に落とし込めている感じがあります。学ぶだけでなく、実例を踏まえることでより理解に深みが増しています。

 

 

講師紹介

亀井信幸

組込みプログラマ最速養成講座講師。2008年群馬大学工学部卒。

 

大学卒業後、12年間自動車部品メーカーで研究・開発に従事。

メインの仕事は組込みプログラミングで、小型モビリティ用のモータ制御プログラムや工場で動いているロボット用の プログラムなどを作成していた。

 

まだ、経験が浅いころに、「お客さんに出す試作品のソフト設計と回路設計を3ヶ月でしろ」という無茶ぶりにあったが、やり切ることを決意。必死に自学自習しつつ、優秀なエンジニアに聞きまわることでなんとか乗り切った。これを機に周りから信頼されるようになり、その後数年間で、組込みプログラマとして認められるようになったため、会社に勤めていた後半は、かなりマイペースに仕事を進められるようになっていた。こういった経験から、人は思った以上に短期間で成長できる、ということと、組込みプログラミングを自分で学ぶことの大変さを知った。

 

現在は、自身が、苦労して組込みプログラマになった経験を生かして、最短距離で組込みプログラマに必要な基礎知識・能力を身に付ける講座を提供している。

 

自身が、たくさんの壁にぶつかってきたことから、学習者への適切なフィードバックに定評がある。

 

 

組込みプログラマ最速養成講座の「4ステップ」とは?

STEP1. C言語プログラミングを身に付ける

 

組込みプログラムで使われているプログラミング言語はC言語です。

もちろんC言語だけでは無いのですが、最も多く使われているのがC言語です。

 

このため、組込みプログラムを作るにはC言語を習得する必要があります。

C言語が誕生したのは1972年、つまり約50年前です!
こんなに長い間多くの人々に使われ続けていて、将来的にも使われていく言語は

なかなかありません。

それだけでなく、電気通信分野の標準化団体であるIEEE(アイトリプルイー)が発表した人気のあるプログラミング言語の2019年版「The Top Programming Languages 2019」では、C言語は、3位です。

 

一時期流行ってから消えていくプログラミング言語ではないと言うことです。

 

このプログラミング言語を習得しておくだけでも武器になります。

 

ただ、多くの人がC言語を使っていますが、本当に基礎的な部分からしっかりと学んでいる人は、減ってきていると思います。

 

この講座ではC言語を基礎からしっかりと身に付けていきます。

 

 

STEP2. 組込みプログラミングを身に付ける

 

C言語を身に付けたら、いよいよ組込みプログラミングです。

 

組込みプログラミングでは、C言語でプログラムが作れるだけではどうにもならない組込みプログラミング特有の知識があります。それは回路と密接に関わってくる部分です。

 

STEP2では、この組込みプログラミング特有の知識とスキルを身に付けます。

 

C言語を身に付け、組込みプログラム特有の知識とスキルを身に付けることで、はじめて組み込みプログラムを作ることができるようになります。

 

 

STEP3. 電気電子回路の基本を身に付ける

 

組込みプログラマはプログラミングの他にどうしても身に付けておかなけらばならない知識があります。

 

それは電気電子回路の知識です。

 

マイコンのプログラミングは、回路と密接な関わりがあるため、組込みプログラマになるために、回路を避けて通ることはできません。
この講座では組込みプログラマに必要な電気電子回路の基礎知識をしっかりと身に付けます。

 

 

STEP4. 課題解決能力を身に付ける

 

プログラミングを学ぶだけでも問題解決能力が身に付くと言われています。

それは確かにその通りだと思います。

プログラミングには論理的思考力が必要だからです。

 

ただし、問題解決能力を身に付けるには、必ず必要なものがあります。

 

それは壁です。

 

壁にぶち当たらなければ、つまり問題とか課題とか言われる、解決すべきものが無ければ、

問題解決能力が身に付くはずがありません。

 

この講座では、実際にアルゴリズムを考えてもらったり、バグ入りのソフトを修正してもらうなどして、短期間でこの問題解決能力を身に付けます

この問題解決能力は、どんな分野にも役立つはずです。

 

 

この4つのステップを12ステップに分けて、6ヶ月間で実践していきます。

これらの全ステップを通してゴールに向かって1歩1歩前進してゴールまで到達するための能力である「目標達成マネジメント」も身に付けていきます。

 

この講座で最速で組込みプログラマになりませんか?

 

 

無料オンライン個別相談を実施中

「組込みプログラマ最速養成講座™️」は、万人に必要な講座ではありません。

 

誰もが組込みプログラミングができるべきだとも全く思いません。

 

しかし、このスキルがないために、足踏みしている方も多くいます。

 

本当にお役に立てる方にのみ、この講座を受講していただくため、無料オンライン個別相談を実施しております。

その中でお話を聞かせていただき、現状の課題等をはっきりさせた上で、お力になれそうな場合講座の詳しいご説明をさせていただきます。

もちろん無理な売り込みなどは一切いたしませんので、安心してお申し込みください。

 

 

特典ご用意しました